吉祥寺・赤坂・心斎橋のメンズ脱毛はクールビーストへ!

ネット予約

【店員が回答】メンズ脱毛で全身脱毛を受ける前に注意しておきたい自己処理のポイント

一般的に、脱毛クリニックやサロンで全身脱毛を受ける前には、自分で毛を処理して施術の準備をしておく必要があります。
自己処理をせずに施術にのぞむと、施術後に肌トラブルが起きたり、施術時間が長くなってしまったり、場合によっては足りなくなってしまうことがあります。
ただし、自己処理で肌を傷つけてしまうと施術できないことがあるので、正しい方法でお手入れしましょう。
自己処理では難しい剃り残しは、クリニックやサロンで処理してくれることがほとんどですが、なるべくは自己処理をしてから施術をしてもらうことをおすすめします。

この記事では、お客さまからの問い合わせが多い、自己処理が必要な理由から部位別の自己処理の注意点までご紹介します。

なぜ脱毛前に自己処理が必要?

美容サロン(光脱毛)、医療脱毛(レーザー脱毛)はどちらも、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応してレーザーや光を肌に照射し、毛根や発毛組織に熱を与え、毛の成長が抑制されることで脱毛されていきます。
施術前の自己処理が不十分だと、光やレーザーが長い毛のメラニン色素に反応してしまいます。長い毛は皮膚の表面にあるので、皮膚にも熱が加わり火傷をしたり、炎症を起こしたりするリスクがあります。
また、長い毛が多いと熱が皮膚の奥にある毛根や発毛組織まで届かないことが多くなってしまうので、効果も落ちてしまいます。

自己処理ができていない場合は、クリニックやサロンで処理してくれますが、全身脱毛となると処理部位が多いため、時間内に施術が終わらない可能性があります。そのようなことがないためにも、施術前の自己処理をお勧めします。

※COOL BEASTでは施術前の自己処理をお願いしています。

自己処理のタイミングはいつが理想?

自己処理は直前ではなく、1〜2日前に済ませておき、施術までの時間を少し空けていただくのが理想です。
電気シェーバーを使ったとしても、毛を処理することで少なくとも肌にダメージを与えてしまいます。施術の直前に自己処理をしてしまうと、処理後の刺激が与えられた肌にさらに熱刺激を加えることになるため、赤みやかゆみが起こりやすくなってしまいます。したがって、自己処理のタイミングは施術の前々日あるいは前日が理想的です。

3日以上空けてしまうと、毛が伸びてしまうので火傷のリスクが上がるのでお勧めできません。
また、特にひげなどの成長スピードの早い毛が1日で伸びてしまうような人は、前日に処理をする方が良いかもしれません。

部位別の自己処理の注意点

顔・ひげ

顔の毛は電気シェーバーで剃りましょう。顔の皮膚は柔らかくデリケートであるため、保湿クリームやシェービングクリームで皮膚を保護してからの処理をお勧めします。
また、頬の産毛は蒸しタオルを当てることで、皮膚が柔らかくなり、毛穴が広がり毛が立つため剃りやすくなります。

VIO

Vラインは、ハサミで長い毛をカットした後、電気シェーバーで剃っていきましょう。
毛が長いままだと、シェーバーが毛を巻き込んで引っ張ってしまい、肌に負担がかかってしまう場合があります。
シェービングする前に入浴をしておくと、毛が柔らかくなり剃りやすくなります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓
メンズVIO脱毛での剃毛(シェービング)の方法とコツ

その他全身

顔やVIO以外の毛は、電気シェーバーで毛流れに沿って剃っていきます。毛流れに逆らって剃ってしまうと肌ダメージの原因となってしまいます。
ダメージを抑えるために保湿クリームやシェービング剤を塗ってから剃ることをお勧めします。
なお、自己処理の直後は雑菌が入って肌が炎症を起こすことがあるため、湯船にはつからないようにしてください。
自分の目で確認しやすい部分は、電気シェーバーを動かす向きと反対向きに肌をピンと張るように手で抑えることで剃りやすくなります。

まとめ

今回は、お客さまからの問い合わせが多い、自己処理が必要な理由から部位別の自己処理の注意点についてご紹介しました。ご不明な点や、脱毛のことで不安なことなどございましたら、気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

下記店舗よりお好みの予約方法をお選びください

×